本文へスキップ

お知らせtopics

公開シンポジウム「うな丼の未来V:行政はウナギを救えるか」

うな丼の未来V
日 時: 2017年7月22日(土) 10:00〜17:30
場 所: 東京大学弥生講堂一条ホール(アクセス
参加費: 無料(事前登録不要,先着順 300名)
主 催: 東アジア鰻学会
共 催: 東京大学大学院農学生命科学研究科
概 要: ニホンウナギの保全・持続的利用の推進のために,夏の土用の丑の日を前に,漁業者,養鰻業者,蒲焼商,報道,環境行政,水産行政及び研究者が,消費者の前でウナギ研究の最前線に関する講演を行い,また今後の取り組みについて共に語り合う場を設けることを目的としたシンポジウムです.
プログラム:

第一部 研究発表

10:00〜12:00 口頭発表・ポスター発表

第二部 保全

13:00〜13:05 開会挨拶 大竹二雄(東京大学)
13:05〜13:30 基調講演鰻学会の設立
塚本勝巳(東アジア鰻学会会長/日本大学)
13:30〜13:55 ニホンウナギ生息地保全の考え方
有山義昭(環境省)
13:55〜14:20 ウナギを含めた水生生物のための多自然川づくりの取り組み
堂薗俊多(国土交通省)
14:20〜14:45 資源管理の対策について
保科正樹(水産庁)
15:05〜15:30 鹿児島県におけるウナギ資源増殖対策
塩先尊志(鹿児島県水産振興課)
15:30〜15:55 ウナギ種苗の商業化に向けた大量生産システム実証の取り組み
田中秀樹(水産研究・教育機構)
15:55〜16:20 民間企業が考えるウナギ保全技術開発
柵瀬信夫(鹿島建設)
16:40〜17:25 総合討論 モデレーター/山川卓(東京大学)
17:25〜17:30 閉会挨拶 木村伸吾(東京大学)
18:00〜20:00 情報交換会(会員3,000円、非会員4,000円)

新着情報news

2017年6月30日
2017公開シンポジウム情報掲載
2017年5月10日
ニュースレター創刊号発刊
2017年3月31日
東アジア鰻学会設立総会開催
2016年11月28日
東アジア鰻学会発足
2016年11月20日
学会設立準備情報を掲載
2016年6月17日
2016公開シンポジウム情報掲載
2015年7月7日
2015公開シンポジウム情報掲載
2014年7月9日
サイトをリニューアルしました

東アジア鰻学会事務局

〒113-8657
東京都文京区弥生1-1-1
東京大学農学部内

メール:eelsociety[at]gmail.com
※ [at]を@に置き換えて下さい

ファクシミリ:03-5841-5280