本文へスキップ

東アジア鰻資源協議会(EASEC)・日本支部会のホームページへようこそ。

お知らせtopics

東アジア鰻資源協議会では,活動強化のために学会(仮称,東亜細亜鰻学会)の設立を計画しています.研究者のみならず,産業界および学生や市民の方々にもご入会いただき,ウナギに関する研究の発展と知識の普及を進めていきたいと考えております.

2016年11月末に開催される東アジア鰻資源協議会の年会(28日)および日本大学うなぎプラネット主催の国際シンポジウム(29日)において,詳細を発表いたします.また,入会に関する資料等も配布する予定です.

開催行事の詳細については,上記リンクよりプログラムをご参照ください.
皆様のご参加をお待ちしております.


IUCN レッドリストにおけるニホンウナギの絶滅危惧評価に対するEASEC-Jの声明


国際自然保護連合(IUCN)は,IUCN Red list Categories and Criteria Version 3.1(一般財団法人自然環境研究センター訳:IUCNレッドリストカテゴリーと基準3.1版)に基づき,ニホンウナギ(Anguilla japonica)を絶滅危惧(IB)と判定しました.東アジア鰻資源協議会・日本支部会は,予防原則の立場も考慮してIUCN の決定を支持します.
詳細はこちら


新着情報news

2016年11月20日
学会設立準備情報を掲載
2016年6月17日
2016公開シンポジウム情報掲載
2015年7月7日
公開シンポジウム情報掲載
2014年7月9日
サイトをリニューアルしました



東アジア鰻資源協議会
(EASEC)日本支部会 事務局

北里大学海洋生命科学部
吉永龍起

〒252-0373
神奈川県相模原市
南区北里1-15-1
メール:yosinaga[at]kitasato-u.ac.jp
※ [at]を@に置き換えて下さい